紡ぎ家たちの紹介〜村上鴻〜

はじめまして!村上鴻 (むらかみひろし) と申します。

3回目の投稿も、前回に引き続きメンバーの紹介ということで自己紹介させていただきます!

 

そもそも紡ぎ家とは何かは第1回のブログをご覧ください。

 

f:id:tsumugiya123:20180520210829j:plain

村上鴻 (むらかみひろし)

神戸在住18歳。現在は、フリーでコミュニティや人の繋がりを作っています。本来なら大学1年の年齢ですが大学に行っておらず、それ以前も高校中退・中学引きこもり・小学校行かないなどちょっと変わった生き方をしています。音楽が大好きです。家族関係は、今は母と2人暮らしです。もともとは父と妹も加え4人で住んでいました。

 

ちょっと変わった生き方をしてきた僕がこのプロジェクトにいる理由

 

このプロジェクトに入ったきっかけを話させていただきたいのですが、まずそもそもの自分のやりたいことから話そうかなと思います。

 

僕のやりたいことは「全ての人が自然体で繋がり合えるコミュニティを広げる」ことです。自分の弱さも痛みも含めた全体性を表現しあって寄り添い合えるコミュニティ。そんなコミュニティに在ることで自己受容感が増し、誰もが行動による価値だけではなく自分の存在自体の価値も感じられる。そんなコミュニティから自分らしい物語が紡がれていくんじゃないかなと思っています。

 

そして、この世の中に色々な場所があるなかで、僕が興味ある“コミュニティ”が3つあって、それは教育と家族と地域コミュニティです。全て自分の原体験と紐付いていて、家族以外は他の活動で。そして家族をこのプロジェクトでやりたいなと思っています。

 

僕自身、所謂機能不全家族で育ってきて、その影響は計り知れないものがあるなと思っています。親が帰ってきたら僕は部屋に閉じこもって顔を合わせなかったり、親が急に家からいなくなったり。。。色々ありました。

でも、どこか矛盾や葛藤を感じられたし、その裏には愛が見え隠れしてた。だからこそもっと上手く噛み合えば、みんなが幸せになれるんだろうなと思って。そして、そんな環境から幸せな物語が紡がれていけばいいなと思ってやっています。

 

コラム

話が変わりますが、つい先日「ROOM」という映画を見ました。ネタバレしない程度に書くと、部屋の中という小さな世界にとある母と子どもがずっと閉じ込められていて、その子どもはその中の世界しか知らなくて、そこから脱出して無限に広がる世界へと飛び出すという物語です。自分の経験と重なる部分が多く、思わず感情が溢れた作品でした。すごくシンプルだけど力強い愛や幸せが親子に感じられて、足元を見ればたくさんの愛や幸せが転がってるのかもしれないと感じさせてくれる映画でした。ネタバレになるので詳しくは言いませんが、もしよかったら一度見てみてください!

 


映画『ルーム』予告編

 

writer

村上鴻(Hiroshi Murakami)

神戸在住18歳。現在はフリーで優しいコミュニティや繋がりを創るべく様々な活動をしている。本来なら大学1年の年齢だが、大学に行っておらず、それ以前も高校中退・中学引きこもり・小学校いかないとちょっと変わった生き方をしている。趣味は音楽や映画や哲学などの文化的なものに触れること。活動における興味関心は、コミュニティ・繋がり・教育・家族・地域など。

 

f:id:tsumugiya123:20180520201924p:plain

紡ぎ家たちの紹介〜福田祥子〜

みなさん初めまして。

ブログ第2号は、私、福田祥子がお送りします。

 

そもそも紡ぎ家とは何かは第1回のブログをご覧ください。

 

今回からは、紡ぎ家のメンバーにはどんな人がいるのかを知ってもらうための内容になっています。

 

では早速自己紹介から!!

福田祥子

 

神戸大学経営学部4回生

父母弟2人の5人家族

趣味は歌を歌うこと(家族でバンドもしています!)旅行、写真を撮ること

紡ぎ家では、関西エリア所属、このブログの管轄をしています!

 

ーでは、このプロジェクトに入ったきっかけは?

まずは家族関係に関して興味をもったきっかけを話します。

大学受験を機に、親と衝突したことがありました。

「親は子どもの将来にとても影響する」

とその時感じました。

 

また別の話になるのですが、

大学に入って将来を考えた時に、

「働きながら子育てって大変そう」

と母に言うと、

「私には子育てしてたからこそ感じれた幸せがあったし、大変なこともたしかにあるけどそれだけが子育てじゃない」

と母は言いました。

 

この、家族や子育てに対してプラスの感情とマイナスの感情を持ったことで、

もっと幸せな家族のあり方があるんじゃないか、幸せな家族を増やしたいと思いました。

 

ー紡ぎ家に関わるきっかけ

この思いを持つ中で、 ある会社のインターンで代表の草田に会いました。

同じ思いを持って、100BANCHIで形にしようとしていることを知り、私も関西で一緒にしたいと思いました。

f:id:tsumugiya123:20180513120756j:plain

 

この写真実は、私の小さいころの写真です!

紡ぎ家として

まだまだ手探り状態ですが、今日は「母の日」。

紡ぎ家として母の日について語ります。

 

母の日。なんとなく何かしないといけない気がする。

でも、町中にあふれる母の日は何かビジネスの匂いがする。。。

 

母に電話してみる、いつもの家事ひとつお手伝いする、自分にできる母への感謝をできればする。気負いすぎず母の日を過ごしてみてほしいと思います。

 

皆さんにとって、お母さんってどんな存在でしょう?

多分、お母さんへの思いは人によって、家族によって、もしかしたら国によっても様々で。

 

それでも私がこの世に生まれてきたことは奇跡だな...と思えるようになってから、

私がここにいるのは”お母さん”が産んでくれたからだなと考えます。

 

どこかの本で誰かが「今ここに自分が生きているのは24時間誰かに面倒をみてもらっている証だ」と言っていました。

 

私たち含め大人は日に日に自立していくと、自分で何でもやれるような、そしてそれが自分の成長になっているような気がしますよね。でも、自分一人では今でも今までも何もできていなくて、本当に「生きている」とか「できるようになる」のではなく「生かされている」「教えてもらっている」のだな...と思います。

 

”母の日”はお母さんがどんな存在であったとしても自分が生かされている、ということを意識できる日とも言えるのではないでしょうか。

 

素敵な母の日になりますように。

 

母の日特別質問会!

「今までお母さんと大げんかしたけど、こうやって仲直りしました」エピソードがあれば教えてください!(匿名です。抜粋してこのブログで共有させて頂く可能性もあります)

https://peing.net/ja/7389a96189723f4?v=1&event=3

こんな記事かいてほしい、その他質問なども受付中!

 

Writer

f:id:tsumugiya123:20180513113526p:plain

福田祥子(Shoko Fukuda)

神戸大学経営学部4回生。大学入学後の海外インターン営団体の【AIESEC】でカンボジアの教育の質をあげるためのインターン運営に関わり、教育でイノベーションを起こし世界を変える人を育てる団体【FEIS】で教育の大切さを実感し、最終的には家族のあり方、幼児教育に興味を持つ。紡ぎ家では関西をメインに活動。



紡ぎ家(旧:FREE Project.)とは。

【FREE Project.を “紡ぎ家” (つむぎや)に変名しました! 公式発信ツールとしたブログを開始します!】

 

f:id:tsumugiya123:20180506100842p:plain

みなさんこんにちは、代表の草田彩夏です。

紡ぎ家(旧名:FREE Project. )は昨年10月に渋谷の100BANCHという場にて始まり、なんと7ヶ月を迎えます。今日は2つご報告が。

 

本日を以って以前の名を“紡ぎ家”に改め、メンバーと共に少しづづこの活動を形にするべく週次更新で記事を配信することにしました!

また「家族」で困り感を抱えている人へのヒアリングを行わせていただきたいと思っています。

 

こちらはどんな困り感があるかを知る事で今後の活動展開に参考にさせて頂くものです。
(関東・関西どちらでも可能ですがオンラインにさせて頂く可能性もあります)

ヒアリングにご協力いただける方は以下連絡先までご連絡ください。

tsumugiya123@gmail.com

 

SNSを通じて匿名でのご連絡を希望される方はこちらにお願いします→

https://peing.net/ja/7389a96189723f4?v=1&event=3

 

・”紡ぎ家”(つむぎや)という名前

”紡ぎ家”(つむぎや)という名前は

私たちが紡ぎ家(つむぎか)として、一人ひとりとその家族に向き合う人を増やしていくことで、その人の幸せを紡いでいくお手伝いをしていきたいという思いを込めました!

 

・そもそもこの活動のきっかけは何か

代表の草田が昨年の10月(当時大学三年)に渋谷にある100BANCH(http://100banch.com/projects/free-project/)にて始めた活動です。

東日本大震災を契機に「人を救うとはどういうことなのか」を被災地に赴いて考えたり、大学では途上国に行った経験から国際協力やビジネスを通した課題解決の方法に興味関心を持って勉強をしていました。(今思うと当時は周囲の人たちが立てている社会の波に少し乗っていた部分があって、その状態に満足していたのかもしれませんが)学んだことは本当に沢山でした。

 

しかし、改めて自分の目指す社会像の様なものを考えると、自分の行動は「他の人よりも少しでも成果を残さなければ」という焦燥感から来ていたものが大きかったかもしれない、「自分らしさ」ってなんだったっけ、と考える様になりました。

私が目指したい社会の姿って単純に1人1人が自分にも他人にも愛を持って接することができる様な感じ。社会課題に関心があったのもこの思いに通づる所があって課題感を他人事にしてしまったり、そこによって苦しむ人が生まれたり。何かそこに違和感を覚えました。

 

周囲にいる私と同じ世代の人たちの多くも外部の環境からの動機で物事を選択する傾向にあり、私の思い描く「自分らしさ」とは離れている傾向にありました。

「うちの親がこういうからさ」「学校的にこういう風潮じゃん」「お金稼げればとりあえず大丈夫。」など。

自分も以前は「自分らしさ」なんて意識したことなかったし、どっちかというと外部の環境に流されて生きてたけど、何が原因だったんだろう...と考えていました。

 

その思考や観察の中で、もしかしたら幼い頃からの家族との関係が「自分らしさ」に影響しているのかもしれない、相手の気持ちをくみ取ったり意見を聞く姿勢も大事なのだけれど、もっと自分の内側からの動機で選択し動くことのできる環境が必要なのではないか、との考えに至ったのです。

 

・紡ぎ家の目指す姿

「家族」に焦点を当てて約半年活動をしてきたのですが、子育ての様な親目線や女性の働き方の側面からの課題は社会の中で様々取り上げられているものの、親と子の難しい距離感や核家族化、世代間の価値観の違い等で生じる家族の問題ってどこか触れてはいけない様なものや当たり前なものとして可視化されていないんです。言われてたとしても”毒親”みたいな負のイメージばかり...。 そうではなく、私たちの世代から家族に対して何かアプローチすることができるはず。

一人ひとりがありたい自分像を持った上で、どの様に周囲社会と関係性を育んでいけば良いのかを「家族」という生まれて初めての社会から考えていくことや向き合っていくこと。それは価値観の違いを改めて認識した上で、目の前の人とどの様に向き合っていくかであり、その人の幸せに繋がっていくのではないでしょうか。

「紡ぎ家」はそんな考えを同世代から現代の家族や社会に働きかけるべく、一人ひとりが自分の幸せを少しづつ紡ぐことができる様にお手伝いしていきたいと思います。

発展途上ではありますがよろしくお願いします!

 

紡ぎ家のロゴやHPは徐々に作成していこうと思いますのでアドバイス有れば是非、

ご教示いただければ嬉しいです!!

 

*こんな情報を載せて欲しいという希望もこちらから

https://peing.net/ja/7389a96189723f4?v=1&event=3

 

writer

草田彩夏(Ayaka Kusada)

 

青山学院大学法学部4年。紡ぎ家代表。東日本大震災を契機に社会課題解決に興味を持ち被災地の復興支援・途上国支援を現地で経験する。大学入学後は渋谷区・デロイトトーマツベンチャーサポート(株)等でのインターンや制作コンテスト等に参画しながらビジネスを通した社会課題の解決に関心を持ち勉強をする。様々な経験から子供の頃から「自分らしさ」を持つことができる環境が必要だと思い、家族や自分に向き合う人を増やす活動「紡ぎ家」を100BANCHにて始める。

f:id:tsumugiya123:20180506093223j:plain